atelier Perch.(笹塚)

アイス

こんにちは。あいです。

美味しくて楽しいを届けるケータリングチームPerch.が営む食料品店。

2020年5月、下北沢から笹塚駅徒歩2分、観音通り商店街にアトリエを引越し実店舗としてオープン。

店舗では、お弁当や惣菜、オリジナルの瓶詰めの調味料や粉物などを販売している。現在の営業時間は11:30〜17:00頃まで。

お弁当のスケジュールはInstagramなどのSNSで一週単位で公開している。前日12時までに電話やメールで予約可能。Uber Eats対応。

注意)2021年4月末ごろより営業スタイルに変更があり、店内で温かい食事が可能になった。

プレートスタイルで定食の提供が始まり、テイクアウトのお弁当も温かのものをその場で詰めるので時間に余裕を持っていくことをお勧めします。

atelier perch

ケータリングチームPerchを主宰しているまきあやこ氏は、2012年頃からケータリングの仕事を始め、2018年「美味しくて楽しい」をモットーとしてperchをスタート。

ある日のお弁当

パエリア弁当。

蓋を開けた瞬間、これパエリア?と思うようなおかず盛り沢山なお弁当。

サフランで炊いたごはんの上に、鶏と海老のグリルやスペインオムレツやキャロットラペなどがのっている。

香り豊かなサフランライス、野菜がたっぷり取れるおかずが嬉しい。しっかりとした味付けで香りがいいおかずはワインにも合いそう。

ある日のデリ

冬ほうれん草とチキンのホワイトグラタン。

長野県から届いた甘いほうれん草に自家製ホワイトソース。中にはプリッとした鶏肉とペンネが入っている。

2〜3人前のたっぷりサイズ。グツグツするまで温めて。

ホワイトソースがトロトロ。たっぷりと具材が入っていて、しっかりと塩が効いているので満足感がある。

寒い日には熱々のグラタンだよね。温め方は店頭で教えてくれるのでよく聞いておこう。

pieni Kippe

Perchのスタッフである中野さんによるパンと焼き菓子のブランドであるpieni Kippe。

厳選した素材で、朝ごはん・昼ごはん・おやつに食べたいパンと焼き菓子をテーマにひとつひとつ手仕事で焼き上げている。

ラインナップは定番の塩サブレなどの焼き菓子やその季節に食べたいものが並んでいる。予約可能。

スコーン

アルミホイルに包んで5分ほどトースターで焼いてリベイク。

リベイクの方法まで細かく教えてくれる気遣いが嬉しい。

クリームチーズとPerchで購入した餡子を添えて。

水分少なめの生地なのでクリームチーズと餡子によく合う。スコーンにしては珍しいふんわりとした食感で、味の主張が強くないので添えるものを選ばない万能なやつ。冷凍庫にストックしておいたら便利だろうな。

レモンケーキ

レモンが旬である冬のお菓子のイメージがあるレモンケーキ。

キメの細かい生地には国産のレモンの皮と果実が入っていて、アイシングにもレモン果汁を使っている爽やかなレモンケーキ。

レモンの酸味が効いていてしっとりホロホロの生地。ふんわりとした口当たりで紅茶やハーブティーと合わせたいな。

カルダモンロール

金土曜日限定で12:00頃に焼き上がる。

甘さ控えめでカルダモンがほのかに香る噛みごたえのあるしっかりとした生地。

kasiki

元perchのスタッフだった藤田澄香氏がアトリエを間借りして日曜日にオープンしているKashikiの日曜スタンド。(注:2021年2月末でatelier perchでの日曜スタンドは終了)

旬の果物やハーブやスパイスをふんだんに使って作るアイスクリーム。10種類ほどのフレーバーがあり心惹かれるものばかり。

飲み物の用意もあり、珈琲・暖かいお茶・ナチュラルワイン・クラフトビールなどがある。

アイスクリームは持ち歩き時間10分以内であれば蓋をしてテイクアウト可能。

Today’s special

フランス産シェーブル・フレ 桃のスープと共に。

アイスクリームは今の時期にしか味わえないフランス産のシェーブル・フレというチーズに、フランスで採れた春の花々の蜂蜜を加えたもの。そのアイスに合わせるのは桃のスープと桃のシャムをトッピングして。

クセのないシェーブルのアイス。桃のスープと合わせると爽やかな口当たり。初夏らしい味わい。

ある日のアイスクリーム

食べ合わせを無視して気になるものを選ぶのだが、いつも選びきれなくて3種盛り。

カップにコロンとした丸いアイスが3種入っている。

選んだのは、

あずきのアイスクリームの中にマーブル状にあまおうのジャムが入った「あまおうあずき

爽やかで品のある台湾茶烏龍茶に甘口ワインの香りを加えた「東方美人と甘口ワイン漬け干し葡萄

カルダモンのスパイシーな華やかな香りとパリパリのビターチョコを組み合わせた「カルダモンマスカルポーネチョコチップ

どのアイスも香りが良く、素材の組み合わせが絶妙。

換気をしているのでアイスを食べるときは防寒を忘れないようにしたい。

まとめ

現在は

Perchの旬の野菜たっぷりのプレート定食、pieni Kippeの焼き菓子、

を店内で食べることができる。

多彩なスタッフそれぞれが得意分野を持ちチームとして協力しながらお店を育んでいるperch。チームとしての店舗がまさに店名に込められた意味である『止まり木』なんだろうな。

曜日によってスタイルが変わるっていうのもワクワクするよね。

HOME | perch

私は食をキッカケにして人生が豊かになりました。

食に関心を持つことで、いくつになっても食べる楽しさを失わない生き方を目指しています。

↓合わせてこちらもお読みください。

あいの自己紹介とブログの理念

コメント

タイトルとURLをコピーしました